Press "Enter" to skip to content

その土地はどうやって使う?駐車場の賃貸経営のメリット3選

初期費用が極めて安い

相続などで土地を手に入れたというときに、ただそれを持っていたのでは固定資産税を支払わなければならないだけで損をしてしまいます。賃貸経営をして収入に変えていくのは重要な考え方でしょう。その際に初期費用が極めて安くて済むのが駐車場経営であり、100万円もかからずに経営を開始できることがほとんどです。あまり予算がなくて賃貸経営が難しいと感じているなら、駐車場経営ならすぐに始められるかもしれないと考えてみましょう。

わずかな土地であっても経営可能

駐車場経営で土地活用をすることのメリットとして、土地に十分なスペースがなくても経営が可能になる場合が多いことです。極端な話をすれば車が一台置けるスペースがあれば経営が可能であり、狭小地を手に入れてしまったというときであっても問題なく始められるでしょう。将来的に隣接する土地が手に入るから、それまでの間は小さな土地を駐車場経営するということも可能です。撤去にもあまり費用がかからないため、一時的な活用にも適しています。

サブリースをすれば管理負担がない

車は一家に一台以上というケースが多くなっているため、どの地域でも需要があります。その影響を受けて業者が駐車場経営を担うサービスを提供してくれていることも注目しておきましょう。サブリースをしてしまえば管理負担なく駐車場経営をすることができるため、副業として賃貸経営を行うのが比較的容易です。トラブル対応や清掃などの日常的な管理業務を一切委託してしまえば、ただ毎月少しずつ一定の賃料がもらえるという状況になれるでしょう。

賃貸物件は借りることになりますので、あまり傷つけたりしないようにすることが大切だと思いますし引っ越すときに楽だと思います。