Press "Enter" to skip to content

内装リニューアル済みの店舗を専門に貸す会社も

開業資金は頭の痛い問題

飲食店を持とうとするとき、頭の痛いのが開業資金でしょう。経営のノウハウもあり、料理の腕もあり、でも資金だけないというのは往々にしてあることです。宝の持ち腐れでもったいないですね。銀行の融資っていうのは現実的ではないでしょう。融資が受けられたとしても、店の運営がうまくいかなかったら、相当な負債を抱え込むことになります。そんなリスクまでは、という場合にぴったりな方法があります。内装リニューアル店舗だけを扱う会社の利用です。

開業資金がいらなくなる

内装リニューアル済ですから、毎月の賃料はそれなりですが、まとまった開店資金が不要となります。開業後の店舗の補修、維持管理も会社側がやってくれます。火災保険料なども支払う必要はありません。店主は店の運営だけに没頭できます。撤退するときも、大きな負債をかかえることがないので、リスクを考えて諦める、ということはしなくて済むわけです。店をはやらせる自信がある場合は、そうしたチャンスを生かしてみるのもいいかもしれません。

いちから始めるのはたいへん

インテリアを自分で考えたりするのが好きな人は別ですが、そういったことにあまり関心がなく、料理内容にこだわる店主もいるでしょう。でも、内装って集客のうえでは結構大事な要素です。立地が良くて、内装もきれいで、料理もうまい、これが揃えばいいわけで、互いに得意分野を分担するというのが、このシステムの概念です。飲食店経営の手腕のある店主がいい店を持てば、当然はやるでしょう。客も喜ぶし、店主も会社も利益を得ますし、ウィンウィンというわけです。

市街地に位置する店舗物件は交通の便が良く、人通りが多い立地が多いことから家賃が割高になる傾向があります。また、地価が高い地域では駐車場が付随していない物件も多いので接客業の店を開く際は注意が必要です。