Press "Enter" to skip to content

これから始める部屋選び!和室か洋室かどっちが良い?

部屋選びは洋室が普通?

賃貸の部屋を探し始めてみると、ほとんどの物件が洋室であることに気づくでしょう。畳の部屋での生活に比べるとフローリングの方が勝手が良いと考える人が多くなって、和室だった部屋も洋室に模様替えしてしまうことがよくあります。洋室の方がメンテナンスがしやすいため、特に一人暮らしや夫婦暮らしの場合には手間がかからなくて良いというのが大きな理由です。一家族が住むような物件になると和室もありますが、洋室と一緒になっているのがほとんどなのが現状となっています。

和室を選ぶときの考え方

和室を選びたいと思ったら探してみると見つけることはできるでしょう。そのときの考え方として畳のメリットを知っておくと決断しやすいかもしれません。フローリングとは違って固くないのでそのまま床に座って生活ができ、子供がいる場合には遊ばせやすいというメリットがあります。適度に湿度をコントロールする力もあるので、夏は高温多湿、冬は乾燥しやすい部屋を少しでも快適な状態に近づけることに寄与してくれる効果も期待できるのが特徴です。

原状回復にも注意しよう

畳の和室を賃貸で選ぶときには原状回復に気をつけておかなければなりません。契約をするときに畳の扱いについて必ず確認しておきましょう。家具をおいてできてしまった傷やへこみ、日に当たって起きた色あせといったものは基本的には原状回復の義務が発生しないものですが、契約上、借り主の責任と定められていれば畳の交換費用を全額支払わなければならなくなる可能性があります。内容によっては交渉をして義務を負いすぎないようにしましょう。

札幌市豊平区の賃貸の魅力を理解するために、地域住民から支持されている不動産会社の定番の物件のメリットを調べることが大事です。